雨漏り調査依頼を受け、散水調査を行いました。

難易度レベルMAX案件

散水調査に6時間かかり今までの最長記録となりました。

部分足場を仮設させていただき、一階テナントの雨漏り特定をする案件でした。

結果から申しますと雨漏り箇所と雨漏り浸入箇所の距離は15m以上ありました。

”ワープ系雨漏り”と言われるもので西野自身も初めての事例でした。

後半は一泊してまた朝から調査させてもらおうとよぎって時にやっと閃き、特定できました。

その後、メンテナンス時期を迎えている物件でしたので雨漏り保証を付けさせていただき
屋上防水(通気緩衝工法)・外壁防水塗装(リベルマイスター工法)を施工。

無事工事完了となりました。

雨漏りラッシュの最中でドタバタ劇があり、ご迷惑をお掛けしましたが本物の雨漏り修繕工事が
できたと自負いたしておりますのでご安心くださいませ。

ありがとうございました。

  • 場所

    千葉県八千代市八千代台西

  • 施工内容

    屋上防水工事(雨漏り修繕) 

  • 構造

    ALC・RC造

  • 施工者

    西野・片桐・佐々木・黒沢・上野

前の施工事例

戸建て

千葉県市川市 雨漏り修繕(バルコニー工事)

次の施工事例

マンション・アパート

埼玉県桶川市 マンション屋上防水工事

おすすめの施工事例